アトピカ

犬用アトピカ 最安値は?(猫用はページ下段)

犬のアトピー薬の「アトピカ」ですが、動物病院で処方されると1錠500円ぐらいかかってしまいます。アトピー薬は基本的にずっと使い続けなくてはならないので、費用の負担が心配です。

 

しかし、アトピカは通販で購入すると動物病院の半額程度購入できます。
アトピカを取り扱うお店は幾つかありますが、おそらく「うさパラ」が最安値です。
もし、他店がさらに安い価格なら、値段交渉ができます。

 

アトピカの価格(小型犬用)

15錠で3,300円程度(1錠220円)
30錠で6,100円程度(1錠203円)

※価格は為替相場により変動します
※他店では15錠で6,000円〜7,000円程度

 

うさパラのサイトでは実際にアトピカを購入した人の口コミが多数寄せられています。参考になると思うので気になる人はチェックしてみてください。

 


犬用アトピカの詳細・口コミを見る

 

猫用アトピカ

猫用のアトピカも病院で購入すれば一箱26,000円程度します。
しかし、うさパラなら一箱8,100円程度です。

 

アトピカの価格(送料無料)

1箱:約8,100円
2箱:約15,300円
3箱:約22,700円

※価格は為替相場により変動します

 

猫用アトピカにも、うさパラのサイトで実際の購入者の口コミ情報が満載です。気になる人はチェックしてみてください。

 


猫用アトピカの詳細・口コミを見る

 

アトピカの副作用

アトピカには、
●食欲不振
●嘔吐
●下痢
の副作用が知られています。

 

しかし、これらの症状は基本的には一過性なので使用を直ちに中止する必要はありません。
しかし、これらの症状が続く場合には獣医師に相談の上、使用中止も検討したほうがよいでしょう。

 

なお、アトピカの副作用についてネット上で調べてみましたが、それに関する口コミはほとんど見つかりませんでした。

 

一方、アトピカはアトピーの治療の他に以下の症状でも使用される場合があります。
●免疫介在性溶血性貧血
●免疫介在性血小板減少症
●肛門周囲瘻
●消化器疾患
●多発性関節炎
いずれの症状も医師の診断の上、アトピカをお使い下さい。

 

猫アトピー体験談:貰った猫が食品アレルギーでアトピーになっていました(20代/女性)

現在2歳になる雄の雑種猫を1匹飼っています。この子は犬猫の保護センターから貰ってきた子で、我が家にきた時は1歳の時でした。実際に施設へ見に行った時に気になったのは、その施設の環境です。沢山の犬猫が小さいゲージに押し込められていて、糞尿もそのまま掃除されておらず不衛生でした。その中で1匹、耳の後ろをずっと掻いている猫がいたのです。見てみると赤くなって毛が抜けていました。このままこの施設にいては治らないと思って、引き取ったのです。なので恐らくアトピーになったのは、施設に入ってからだと思います。

 

猫を引き取ってすぐ獣医へ連れて行くと、耳の後ろをしきりに掻くのはノミかアトピーだろうと言われました。両耳の後ろのハゲ、赤く血が滲んでいる他、お腹や尻尾も噛んだり掻いたりするので、その部分も毛が抜け血が出ていたのです。体中にハゲがあってとても可哀想でした。取りあえず採血をしてアトピーなのかノミかを調べてもらう事になりました。

 

抗生物質入りの薬を貰って、数日後にまた病院へ行くと恐らくアトピーだと思うが何のアレルギーかまでは解らないと言われてしまいました。
その後別の獣医へ行ってまた血液検査をしてもらった結果、多分食べ物のせいじゃないか、と言われたのです。その時猫に与えていたのは、猫を引き取った施設から「うちではこれを食べさせている」と教えてもらった猫缶とキャットフードです。外国製のよく知らない企業の物でしたが、ずっと同じ物を食べていて急に別の物に変えるとお腹を壊すと聞いていたので、ずっとそれを与えていたのでした。
でも獣医さんから「食品アレルギーの可能性があるので餌を違う物に変えましょう」と勧められ、添加物の少ない日本製の物に変えました。それとまた抗生物質を貰って、餌に混ぜて症状が落ち着くまで飲ませました。

 

主な治療法はこういった、餌を変える事と病院からの抗生物質を飲ませる事です。抗生物質は名前は憶えていませんが、1週間分を処方してもらったので、保険適用なしで3000円でした。餌は猫缶・キャットフード合わせて1ヶ月5000円程です。餌を変えても食べてくれるか不安でしたが、新しい餌の方が以前より沢山食べてくれました。そして徐々に体を掻いたり噛んだり舐めすぎたりする事が減りました。やっぱり食品アレルギーがアトピーの原因だったようです。1ヶ月で症状が治まり、その後も再発せず綺麗に傷跡も治って毛も生えてきてよかったです。病院での診断結果によっては、セカンドピニオンも大切だと思います。

 

犬アトピー体験談:犬がアトピーになるなんて驚きました(20代/女性)

最初は始めて犬を飼う事になって色々と自分なりに勉強をしてからと思って購入しました。
ペットショップの方にも色々とお話しを伺って出来るだけ病気やストレスが起こらないようにと思って結構神経質になっていたと思います。

 

そして、初めて我が家に来た時は2ヶ月になったばかりで本当に小さくて怖いくらいでしたが、予防接種に通うたびに病院でも色々と相談をして、その度に体重や健康チェックも行ってもらっていましたが、特に家でも何か気になる様な症状もなくて、病院でも同様に順調に大きくなっていますと言って頂いていました。

 

そして3ケ月になって予防接種も終わっていよいよお散歩が出来る様になったので色々と一緒に慣らしながら始めていました。最初は何かの病気をもらうのではと心配もありましたが特に問題もなく犬も散歩になれてきて喜ぶようになって来ました。

 

しかし、散歩を始めて2ヶ月くらい、犬が5ヶ月位になった時に異変が起こりはじめました。散歩から帰って来た時に毎回しっかりと手足や口、顔周りも丁寧に拭いてペット用の除菌スプレーもして、しっかりとお手入れを行っていましたが、ものすごく体をかくようになって、見ていても本当に痒そうで痒そうで寝ていても起きて思い切り掻くようになってしまいました。
心配になって何度か見ましたが、沢山掻いていたので皮膚に赤みは起こっている様に感じましたが大きな何かが起こっている様には感じなかったので、しばらくはそのままにして様子を見ようと思って過ごしていました。

 

しかし一向に良くなる感じがなくて私も心配になって来たので、一度見てもらおうと病院を受診してアレルギー検査も行って頂きました。そして先生から言われた診断名がアトピーでした。最初はビックリして驚きましたが、今は人間と同じで動物にもアトピーになる子が多いと言われました。そして治るのかを聞いた所、我が家の犬は他にも色々とアレルギー反応があるのでその物にはなるべく散歩の時も触れないようにする。そして食べ物もアレルギー様のドックフードに切り替える様に言われました。

 

そのような生活を行って症状が酷い時には飲み薬や、塗り薬を使用して対処して行きましょうとの事でした。今までは特に何か大きなトラブルもなく過ごして来たので、ビックリしたのと同時に可哀想で申し訳ないと思ってしまいましたが、今は何とか症状が少しでも出ない様にと心がけています。幸い症状は軽いほうだったので今は痒みも少しは収まって、ひどい時は皮膚が掻き毟ったり湿疹でかさぶたも出来ていましたが落ち着いています。

 

今はこれ以上酷くならないように気をつけて生活して行く事と、症状が出た時にはうまく薬を使いながら出来るだけ早く少しでも症状が治まるようにと心がけています。

 

参考:犬のアトピーのケアについて

犬のアトピーのケアについての動画を紹介します。
アトピーのケアには薬も効果的ですが、飼い主さんの愛情も必要ですね。

 

<字幕>
準備するもの
●ベビーバス
●タオル
●シャンプー
●入浴剤
●ドライヤー
●ブラシ

 

ワンちゃんをシャンプーする前に、あらかじめベビーバスや大きな洗面器にお湯を入れておきます。

 

★シャンプーの仕方
もつれをほぐすように軽くブラッシングします。
皮膚が荒れている子は、毛の汚れを落とす程度にします。
ぬるま湯でからだ全体を濡らします。
弱酸性のマスマリンシャンプーを薄めず直接つけます。天然ハーブの保湿成分で毛並みがしっとりに…。洗ったあとの乾燥を防ぎます。
首から背中にそってつけます。容器の口が被毛につかないように気をつけます。
指の腹でマッサージするようにシャンプーと皮膚と被毛にもみこみます。
十分に泡立てます。
シャワーを体に近づけてすすぎます。
脇の下やお腹まわり、内股などすすぎ残しがないように十分すすぎましょう。
スパエナジー(入浴剤)を大匙半分入れかき混ぜます。

 

〜温泉入浴の効果〜
1.新陳代謝を良くして皮膚の角質を早く正常に戻す力があります。
2.自律神経を安定させることにより、痒みが和らぎ、よく眠れるようになります。

 

体をやさしく撫でながら入浴させます。週に1,2回の入浴で皮膚に刺激を与えずに、殺菌・消毒します。

 

体を乾かします。

 

タオルを押すような感じで拭きます。

 

ドライヤーで乾かします。

 

熱いお湯や、熱風はワンちゃんの皮膚のかゆみを増大させます。ドライヤーは使用せずに、自然乾燥でも構いません。

 

これでシャンプーは終わりです。

 

アトピー性皮膚炎や慢性皮膚病で傷んだ皮膚は、バリア機能が低下しています。傷んだ皮膚を正常な皮膚に戻すためには、最終的にワンちゃんが、自分の皮脂にバリアを作り、潤いを持たせるようになることが目標です。

 

リンク集
レボリューション(猫・犬)激安通販